とききせ日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS スカ色な113系@

<<   作成日時 : 2013/08/24 18:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。
現在は比較的時間があるため更新ー


タイトルに番号付けてわかりやすくしました(・ω・)/
前回少し書いてしまいましたが、便宜上今回を@としますw



さてさて、本題ですがしばらくは前回も書きましたように千葉の113系を進めようかと思います(・・)ノ
プロトタイプをマリ51にした理由は単純に、全車2000番台でトミックスベースで簡単に製作できるからです。本当は、前面が強化された1000番台とかAU712搭載車とか作りたいんですが、手持ちがトミックスしかなかったので今回は2000番台を作ることにします。最終的には10連にしてやりたいのでペアになる4連は1000番台にしようかな…




前回は主な手すりの別パーツ化を中心に書きましたが、今回は連結器についてでも
前回の写真を見て気づいた方もいらしゃると思いますが、今回の113系はカトーの連結器を使用しとります。はじめは、下回りを引き締めたいなーって思いからTN化するつもりでしたが、TNだと連結間隔が狭まるものの何かスカスカ… → カトーの車体間ダンパーを加工してジャンパー線を再現すればリアルになるんじゃないか? →  じゃあ、連結器をカトーに って流れでカトーの連結器を採用しました。

まず、トミックスにカトーの連結器を付けることは考えられていないので自分で取り付ける方法を考えます。瞬着で付けようかと思いましたがこれをやると、カプラーが首を振らなくなる可能性があるため却下。(そもそも強度が得られないので
そこで、今回はネジ止めすることに。使用したのはエコーモデルのナベネジ。←今回はエコーの物を使用しましたが寸法さえ合えば何でもいいと思います。
画像

白い板は適当に切り出したプラ板で、スペンサーに使用します。

このカプラーを
画像


床板に合うように現物合わせでツメ等を切断。
画像

切断したら、これまた現物合わせでネジ穴を開けます。まずけがき針のようなものでマークし、そこにドリルの先端を当てて徐々に穴を大きくしていきます。これと同時に床板にも穴を開けておきます。

画像


これで加工は終了。
あとは加工したカプラーと床板の間にスペンサーをかましてネジ止めすれば完成です。

画像


画像



ちなみに今回使用したのはこちら↓
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
スカ色な113系@ とききせ日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる